読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスという選択

組織に所属せず働く。

組織に所属せずに働く方法

組織に所属せずに、フリーランスとして働くには、提供するサービスのスキルと提供先を確保できるネットワークが大事になります。

フリーランスで働いている方々は、専門性の高いスキルを身につけている場合がほとんどです。

例えば、ジャンルは様々ですが、システムエンジニア(SE)やプログラマ(PG)、デザイナー、ライター、カメラマン、弁護士、モデルなどになります。

フリーランスとして働くことは、仕事の進行など自分のペースで裁量を決めれるというなどのメリットは多くありますが、もちろんデメリットも存在しています。

福利厚生や収入の安定面でみると、やはり、フリーランスよりも会社などに所属している方が利点を感じられます。

ただ、少し前までは予測もしていなかった大手企業が倒産終身雇用の幻想が消えているこのご時世、生涯会社に忠誠を尽くすということをせず自分のスキルで独立するというのは、良い選択肢の一つになるのではないでしょうか。

フリーランスとして働くことを決断することにおいて、勢いで突き進むのはおススメいたしません。

計画性を持ってアクションすることが、フリーランスとして成功を収める為の方法だと考えています。

最悪、うまくいかなかった場合には、専門性の高いスキルをお持ちであれば、再度、会社への転職も可能だと思いますが、一度会社をやめて再度、会社に所属するということを選ぶに関してはそれなりのマイナス面があります。

 

まずは、1,ご自身のスキルチェック、2,独立した直後の仕事の確保、3,仕事の継続性、4,失敗した時の対処方のこの4つはしっかりと準備しておくことが大事です。

他に、仕事をする上での環境づくりや決算書(確定申告)など色々考えることがありますが、準備しておくべき4つの点をしっかりしておけば、どうにかなります。

 

 

WEBデザイナープログラマーなどのIT系は、パソコンがあれば自宅でも仕事ができ、現在は仕事仲介サイトがとても充実しているので、独立しやすい、職種になっています。

www.lancers.jp

 

ご自身のスキルを図る意味でまずは趣味の範囲から入り次のステップとして副業として出来る範囲から仕事をしてみるのはいかがでしょうか?

 

クリエイターの方の中には、本職を持ちながら、他に趣味、副業など色々と試している方もいらっしゃりますし、実際に可能な世の中になっています。

youtube上にアップされています、自主制作動画とかはそういう雰囲気のものが多いです。

www.youtube.com

 

組織に所属せずにフリーランスになるにしろ人との付き合いは、特殊な例を除き仕事をする上では必ず発生します。(特殊な例とはネットトレーダーなど)

人間関係はやはり大切になりますので、そのあたりも熟慮した上でフリーランスとしての第一歩を踏み出しましょう。